WORKS

ALL

2019.3.31 - WORKS

未来の映像館 サガテレビ開局50周年 春フェス~ここから先が面白い~

未来の映像館 サガテレビ開局50周年 春フェス~ここから先が面白い~

サガテレビ開局50周年 春フェス~ここから先が面白い~、市村記念体育館を使ったパビリオン「未来の映像館」の会場設計と空間演出を担当しました。「これからの映像は体験することと寄り添い、触れること」を目指して、プロジェクトを進めていきました。また、1963年に竣工した市村記念体育館(設計:坂倉準三氏)の外観のモダニズム建築と、内装の体育館との違和感を活かして、館内は映像の光に導かれるように、来場者が体験していくことを意図して、場内は全暗転する演出としました。

パビリオンの入口には、ノンクラシックさんにご協力いただき、12メートルの光の川にて、映像の未来への期待感、始まりを演出しました。なお、来場者は2日間でおよそ3000名の方にご来場いただきました。


Credit

[演出]
Yusuke Matsumoto(Pino Inc.)
[施工]
HADA KOGEISYA

2019.1.19 - WORKS

谷口博文様 オフィシャルサイト制作

谷口博文様 オフィシャルサイト制作

谷口博文様オフィシャルサイト

谷口博文様のオフィシャルサイトを制作いたしました。信頼感や期待感を印象のキーワードとして組み立て、著書「政策イノベーション」から続くブランドの統一を目指し、設計しました。人柄、プロフィール、ビジョン、考え(政策)など、初めてご覧になられる方にも分かりやすく、まとめました。これからのご活躍を応援したいと存じます。

谷口博文様オフィシャルサイト

Credit

[Direction]
Yusuke Matsumoto(Pino Inc.)
[Design]
Kenta Haruki
[Coding/System]
grooweb co.,

2018.12.10 - WORKS

平成30年度生涯学習関係職員実践講座(実践編②)

平成30年度生涯学習関係職員実践講座(実践編②)

佐賀県立生涯学習センター アバンセで開催された、平成30年度生涯学習関係職員実践講座(実践編②)の講師を担当いたしました。地域のハブ公民館職員の皆様を中心に、デザイン、デザイン思考について、事例を添えて解説し、シナリオとプロトタイプまで制作するワークショップを実施しました。今後もこのような機会で、市民と職員との共創を考えるとともに、社会に根付く対話が生まれていくことを願っております。




2018.12.8 - WORKS

ソニカ様 Sonica Instruments 10th Anniversary Webサイト制作

ソニカ様 Sonica Instruments 10th Anniversary Webサイト制作

Sonica INSTRUMENTS 10周年のWebサイトを制作いたしました。日本伝統のひとつである邦楽器と向き合い、世界に向けて届けてきた10年間の歩みと信頼感を表現しました。魅力的な美しい日本の伝統的な音が世界中に愛されますことを期待しております。

Sonica INSTRUMENTS
株式会社ソニカ様のソフトウェア音源開発部門です。
以下は、Sonica Instruments 10th Anniversary On Our Tenth Anniversary Messageより。
Sonica Instrumentsは、ソフトウェア楽器の開発を通じて邦楽器の真の姿を伝えるべく、歩んでまいりました。私達が邦楽器をソフトウェア音源化することは、単に便利でリアルなフェイクを作ることを目的としていません。日本の音を正しく美しい音で鳴らし、世界中の人々に届ける。そしてその音を奏でる素晴らしい才能を持った邦楽演奏家がいること、美しい日本の音があることを伝える。それが私達の目的であり、使命です。記念すべきこの時を迎えるに際し、協力してくださった邦楽の演奏家の皆さんと、私達の製品を支持してくださったファンの皆様へ多大なる感謝を申し上げます。

株式会社ソニカ
サウンドコンテンツとサウンドテクノロジー開発を核に、人と社会と音楽に貢献する企業です。音を表現する波、空間と質感をグラフィックでまとめ、サービスへの動線をシンプルにすることで、事業の明示化を目指しました。音は空気を超えて、世界に向けた活躍につながっていく意思も込めています。


Credit

[Direction]
Yusuke Matsumoto(Pino Inc.)
[Design]
Kenta Haruki
[Coding]
grooweb co.,

2018.11.18 - WORKS

生物の科学 遺伝への寄稿

生物の科学 遺伝への寄稿

代表の松本が、生物の科学 遺伝のHot & Cool サイエンスカフェへようこそ、福岡のサイエンスカフェ─[vol.1]を寄稿しました。本社の福岡における活動を、今後も積極的に、継続的に、伝えていければと思います。

URL http://www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/bio/20051225_42.html

http://www.ecosci.jp/iden_scicafe/


Next page